いなばの◯描きブログ

遠野の漫画練習blog

箱の中のライアス

誘拐中のライアスです。


 

 ──ジャラジャラと反響する音。

 振動により、あちこちへ跳ね回るそれは。

 普段、気にもとめないだろうその響きも、ここまで近くで鳴れば、気絶から目を覚ますほどに十分な騒音だった。

「うるさい。暗い。そして痛い……」

 王子は箱の中にいた。

 路地裏から出た瞬間、突然何かの薬品をかがされ、そこから彼の記憶は無かった。

「どこかの行商か? 大量のイナキア硬貨を運んでいるようだが……」

 箱の隙間から差す光で、彼の目の前を転がるものが、金色の硬貨だということがわかる。

 さらによくみれば、王冠を被ったうさぎの紋章が刻まれていた。

「いや……通貨商の車か。一行商が、こんな大金など運ばぬしの」

 ──通貨商。国内外の通貨を取り扱う機関であり、市場が動くこの時期は一日に何度か地方行きの馬が出ている。つまりこれは、その荷馬なのだろう。

「ふむ……なるほどの。そういえば役所の荷車は検問を素通りできると聞いたことがある。つまり余は誘拐され、どこかの地へ運び込まれる最中か」

 王子は誘拐されたにしては、どこか落ち着いていた。

 それもそのはず。王族の彼にとって、そんなことは日常茶飯事だからだ。

 何度も命を狙われれば、慣れるというもの。今回の件も、「いつものことだ」くらいの感覚でしかない。

「ま、適当な頃合いで逃げるかの」

 幸い、彼の手足に巻かれているのは、ただの草縄だ。鎖ではないから、これならば簡単にほどける。

「それにしても、今回の賊はやる気がないの……」

 彼は手早く縄をほどくと、最近入った新人補佐官のことを思い浮かべた。

 いちばん初め、どんよりと沈むゼノの顔を見て、あぁこれは三日も持たないなと思った。なぜならこの辞令は左遷通告だから。権力者の怒りを買った者、優秀だが身分の低い者、理由は様々だが、どう転んでもこの辞令に未来はない。

 つまりは『王子の補佐官』という大役は与えるが、出世からは外されるということだ。

 だというのに、新入りはそれを知ってか知らずか、いまだに辞めていない。

「左遷されてもなお、頑張るとは馬鹿なやつよな」

 まぁ余には関係ない話だ、とつぶやきながら、彼は頭上の板へ手を当てた。

「さてと、外に出るかの」

 ぐっと手に力をこめ、木箱のふたを押す。

「む?」

 動かない。再度押す。

「……動かんの」

 板はビクリともしなかった。おそらく何かうえに乗っているのだろう。開かないものは仕方がない。もう少し様子をみるか……と、彼は木箱の中で目を閉じた。


ライアス視点のはなし。カクヨム版だと途中でエドルの視点になるので、ゼノがなんで変装しているの?というのが分かるように、補足的にカクヨムさんへ載せたものです。

(役所の車→検問いらない→よし、敵は役所の車を奪うor内通者がいるかも→ゼノが先回りして馭者になって潜入してました)という。

 

←EX01「帰路の道先で」           目次           第一章冒頭③→

TOPへ戻る