いなばの◯描きブログ

遠野の漫画練習blog

鬼ごっこ④

久しぶりに描いた。 もうラフ的なやつでいいよね。鬼ごっこ4本目。 不定期につづく! ←次 前→

ユーハルドの王佐 第4話-Ⅰ「モグラの襲来」

(約6000文字) ユーハルド王国、グランポーン地方ベール村。 アルヴィットは畑にいた。 「今年も大量だな。うぐ、気持ち悪……」 前も後ろ横もいちめん赤い果実の木々。 ここはアルヴィットの実家がある村、ベール村で管理しているリンゴ畑だ。昔から見慣れた…

知らなかった新事実

なんか色々デビューの方法調べていたら、 結論:個人サイトは向かない そんな。サイト運営楽しいのに。デザインカスタムとか賢くなった気分になれるのに。 なのでどこかの投稿サイトにも載せようかと思案していたら、なんと! かつて目指していた志望先が小…

ユーハルドの王佐 第3話-Ⅱ「見えるものがすべてじゃない」

第三話つづき(6000文字弱) 「俺たちはピナート公国の人間だ! 祖国を奪ったレオニクスを断罪し、公国を取り戻すことをここに宣言する!」 噴水広場の中心で、なにやら青年が演説をはじめた。男はアルヴィットと同じくらいの年齢だろうか、彼の周りにはこれ…

ユーハルドの王佐 第3話-Ⅰ

(約5000文字) 第三話「見えるものがすべてじゃない」 「王子、痩せましょう」 「唐突(とうとつ)にどうした?」 アルヴィットは執務室にいた。 目の前には、ぽっちゃり系王子がひとり。 「いえ、先日のことです。王子めちゃくちゃ走るの遅かったじゃないです…

ユーハルドの王佐 第2話-Ⅱ「猫を捕まえろ!」

2020/5/29投稿の後半分(3500文字程度) ソレはいた。 きらきらと七色に輝く毛並みに、金色(こんじき)の瞳。 にゃーんと鳴いて、ソレは机の上を陣取っていた。 「いた…………」 「いたな」 そう狐が。 「…………………………え?猫じゃないの?」 「猫」 フィーが答える…

本を出したい!

タイトルのままですが、本を出したい! 元々漫画家になりたかった理由が『自分の生きた証を残すため』だったから、どうしても生きている間に名前を残したい。 そんなわけで、昨日考えていた。 漫画家といえば、デビューの方法は昔なら持ち込みや賞を取ること…

ユーハルドの王佐 第2話-Ⅰ「猫を捕まえろ!」

(7000文字弱です) ※多いので、分割しました。(4000文字弱) 2022/6/5 ——かつて、世界は一つだった。 色とりどりの花が咲き乱れ、散ることのない穏やかな楽園。 だけど、ある時三匹の竜が天地を裂く争いをした。 美しい空は陰り、大地は燃え、青き海は朱へ…