いなばの◯描きブログ

遠野の漫画練習blog

ユーハルドの王佐 第2話-Ⅱ「猫を捕まえろ!」

 2020/5/29投稿の後半分(3500文字程度)


 

 ソレはいた。

 きらきらと七色に輝く毛並みに、金色(こんじき)の瞳。

 にゃーんと鳴いて、ソレは机の上を陣取っていた。

「いた…………」

「いたな」

 そう狐が。

「…………………………え?猫じゃないの?」

「猫」

 フィーが答える。でもソレはどう見ても狐だった。確かに小柄で、全体的に丸いフォルムのソレは、ぱっと見なら猫にも見えるが……狐だろう。鼻先が尖っているから。だけど、にゃーにゃーと鳴いている。どっちだ?

「えっと、あれなに? 猫? 狐?」

「犬じゃないか?」

 それはない。どうみてもどっちかだ。

 よくわからないが、アレをどう捕まえるかが、いま最大の課題だ。

 奴はカリカリと余りものの菓子を食べている。十時のおやつだったクッキーだ。

(ほんとにクッキー食ってる……)

「よし、余が捕まえよう!」

 王子がソレに向かって、じりじりと歩み寄る。

「駄目だ! 待て!」

「にゃーん」

 アルヴィットの声も虚しく、ソレはささっと、机から降りて逃げてしまった。

「だから言ったのに……」

「くっ……! 流石に素早いか。あと少しだったのだが」

 当然だ。だって猫だし。王子は全力で悔しがっているようだ。

(なにが『くっ……!』だよ。全然惜しくない)

 猫的なソレはアルヴィットの足元をすり抜け、廊下へ走る。

「って! 廊下に逃げちっまったじゃねぇか! おい、おうぞ王子!」

 ソレを追って、アルヴィットたちもバタバタと廊下を走る。

 奴は軽やかに走り、スルスルと人の合間を抜けていく。

「あーくそ! 速い! 追いつけん!」

 はぁはぁと息が切れる。王子にいたってはついてきていない。フィーがかろうじで奴に追いついている。

「おーい! 誰か! その猫捕まえて!」

 アルヴィットは叫ぶ。

「猫? 君はなにをやっているんだ」

 書庫の前で息を整えていると緑が話しかけてきた。

「げ、緑……」

「緑っていうな!」

 緑……もといペリードが書庫からあらわれた。手には書類の束を持っている。

(仕事か。いいな。いや俺も仕事中だけど)

「どうした? そんなに息を切らして。まさかとは思うが、猫を追いかけて遊んでいるんじゃないだろうな? まったく羨ましいね」

(仕事中……だよ)

 奴を追いかけたくても体が動かないので、しばし休憩がてら、ペリードに話を振った。黙っていると、さらに嫌味を言われそうなので。

「あ、そうだ……おま、え姉とか……はぁ……いる? さっき廊下で…げほっ、第二おうじょ……みて……」

 だが、息が絶え絶えだった。そんなアルヴィットをなんだこいつ……という目で見ながらも

「あぁ、それは僕のいとこだろう。ちなみにうちは男三人兄弟でね」

 と、誰も聞いていない情報までくれたペリード。そんな彼をよそに、親戚全員髪が緑なのかなぁ、など考えていると、やっと王子が追いついてきた。

「アルヴィット!」

「王子、遅いですよ。猫なら向こうに……はっ、行きました」

「そうか…? はぁ、疲れた。ほんとうに、素早いな」

 それもあるが、王子が遅いだけというのもある。どちらにせよ、ふたりとも息切れ状態だ。

「これは、ライアス殿下。お初にお目にかかります。わたくしはペリード・ラン・ベルルークと申します。サフィール殿下の補佐官でございます」

 ペリードが王子に挨拶をする。

「ほう、ベルルーク家の」

(いやいや悠長に挨拶してる場合か!)

 そうだ、奴を追わないと。フィーが追いかけているだろうが、急がないとまずい。

「そういうの、あとでいいから。早く、猫、猫捕まえて!

おい、ペリードお前も手伝え」

 ペリードのマントの端をつまんで走る。

「ちょ、アルヴィット、僕は仕事が」

「いーから、これはルベリウス殿下のご指示だ」

「は? 第一王子の?」

 ばたばたと三人で廊下を走る。目の前の角を曲がり、噴水がある庭に出た。

「こっち!」

 フィーが奴から数メートル離れて、アルヴィット達を呼んでいる。

「よくやった、フィー!」

 どうやら猫的なソレは、何か食べているようだ。動きをとめて夢中になっている。

「よく足止めできたな」

「これ、フィーの。投げたら出てきた」

 そう言って彼女はポケットから飴玉を取り出す。飴も食べるのかあいつ。

「して、どうやって捕らえる?」

 呼吸が落ち着いたらしい王子が言う。

「どうって、言われても……かなり素早いから、四方から囲って捕まえるしか……」

「なんだあの猫を捕まえたいのか? だったら網か何か使えばいいだろう?」

 そんなことをペリードがいう。

「駄目だ。網なんか使って怪我させたらどうする。上に怒られるぞ」

「う……」

「とりあえず、四人いるんだ。全員で囲って、少しずつ距離を詰める。そんで、俺が合図するから、合図とともに飛び掛かれ。そうすりゃ誰かひとりくらい捕まえられるはずだ」

 

     ◇◇◇

 

 太陽が昇りきった午後二時現在。

 ターゲットは腹が膨れたためか、その場でのんきに眠っている。

 それを三メートル離れた距離から囲う。

「一歩ずつ、静かに近寄れ! いいか、間違っても焦るなよ」

 アルヴィットの指示通り、全員で少しずつターゲットへにじり寄る。

「そこ、前に出すぎ! もっとゆっくり」

「う、すまない」

 ペリードが足を遅くする。

「なぁアルヴィットよ、もう少し近くから囲っても良かったんじゃないか?」

「ばっか、奴に気取られたどうする。眠ってるんだ。遠くから行った方がいい」

 大声で話している時点で気取られているのでは……と王子がぶつぶつ呟いてるが、そんなことはない。

 ゆっくり、ゆっくり近寄る。

 二メートル、一メートル……。ターゲットの耳がピクっと動いた。

〝ストップ〟

 アルヴィットは大きく手を振り、指示を出す。全員その場で停止する。

(起きた様子は……ないな)

 軽く身じろいだだけのようだ。変わらず丸くなって眠っている。

 だが、油断はできない。動物は音に敏感で小さな物音も見逃さないから。

(ここからが大勝負だ……)

 全員に目配せをする。皆が力強く頷く。

 時はきた。全員の心が通った今、

(せーの……)

 

「つかまえろ──────‼」
 合図とともに一斉に飛び掛かる。

「に゛!」

 潰れたような声で鳴くソレ。

「やった! 捕まえたか⁉」

 あたりを見るアルヴィット。

 ────だが、奴を手にしている者はいなかった。

「くそ! 駄目だったか」

 おしい、非常に惜しかったと嘆く王子。なぜ僕がこんなことをと肩を落とすペリード。特にいつもと変わらないフィー。それぞれ、悔しい気持ちを胸に次の策を考える中──

「ほう、これは珍しい猫だ。どこの飼い猫だ?」

 そんな声が聞こえた。

 

 

   ◇◇◇

 

 誰かがソレと会話している。

「にゃーん」

「ん? この菓子が欲しいのか?」

「にゃーん」

「よいぞ、さぁ食べるといい」

「……………………」

 男は緑のマントを風にたなびかせ、ソレにクッキーをあげていた。魚の形をした、紫色のクッキー。どんな着色料を使っているのだろうか。

 外見は十代後半、長めの金髪を後ろでくくり、顔は良く見えない。大きめのシルクハットを被っている。

「エラルド!」

 王子が男に声をかける。

(エラルド……?)

「は! 第三王子……!」

 アルヴィットの隣でペリードがビシッと立ち上がる。

 その男はユーハルド王国の第三王子、エラルド・リム・ユーハルドその人だった。

「エラルド王子? 初めてみた……」

 そう、彼はほとんど城にいない。先の姫のように病弱ともなれば頷けるが、そういうわけではない。噂では、かなりの変わり者で、あちこち絵を描くために旅をしているとかなんとか。

(確か王子と同い年の……)

「戻ってきておったのか、エラルド」

「うん? おお、その顔はライアスじゃないか!。ひさしぶりだな!」

「うむ……最後に会ったのは三ヶ月ほど前だったか?」

「そうだな、私は昨日までベルルーク地方の湖にいたのでな!」

「殿下、我が父の領地にいらしたのですか。これは光栄な」

「うん? 貴様は……なるほど! 侯爵の息子か!」

ははは、父君に似て美しい緑髪だな! とエラルド王子はペリードに声をかけている。

(どうしよう。くそどうでもいい話はいいから、足元の奴を捕まえたい)

 彼らが話に花を咲かせているところ、アルヴィットはソレをどうするか考えていた。

 逃げる前に捕まえなければ。

「あの……すみません。そちらの猫をですね。捕まえたいのですが……」

「ん? 誰だ突然」

「あぁ。そうだった、エラルド。余たちはその犬を追ってきていたのだがな、素早くて困っていたのだ」

(犬じゃないってば)

「なんだ、それなら」

そう言って、ひょいっとソレを持ち上げるエラルド王子。

(つ、つかまえた!)

 ものすごく、あっさり。今までの苦労はなんだったんだと思うくらいに。

(嘘だろ……こんな簡単に……)

 それまでの疲れがふきだし、がくっと膝から崩れ落ちる。

 こうして、アルヴィットたちの猫捕物劇(ねことりものげき)はあっさりと幕を閉じるのだった。

 

 

 そして後日──

「にゃーん」

「…………………………」

 この猫狐を飼う羽目になろうとは、今のアルヴィットはまだ知らない。

 


つづく!

←3話-Ⅰ     目次      2話-Ⅰ→

TOPへ戻る